天王寺区 西成区 花屋 【花の贈り物 葛城園】

お祝い、お供えのお花をご利用ください。フラワーアレンジ、花束、スタンド花、ブリザーブドフラワーのお店。大阪市天王寺区、西成区を中心に販売しております。

TEL.06-6772-8783(西門店)・06-6772-1871(夕陽丘)

〒543-0052 大阪府大阪市天王寺区四天王寺1-12-27

アジサイの管理方法

アジサイの管理方法

アジサイ

アジサイ

4月の後半から、5月後半あたりにかけて店頭を飾る花の代表、アジサイです。

5月の2週目の母の日のプレゼントとしても、大変人気の高いお花ですが、いただいたアジサイのその後の管理方法について、少しのコツを知っておいていただくと、長く楽しんでいただけます。また、来年も綺麗な花を楽しめます。

  1. 灌水について・・・アジサイは水を好みますので、基本は、土の表面が乾いたときに、しっかりと水を与えます。
    鉢植えで購入した時には、土の表面が乾いてからの水やりでは、水が足らない場合があります。1日か2日に一度しっかりと水を与えるぐらいになると思います。
    気温が高くなって、風通しが良い場所などでは、毎日水やりをする場合もあります。
  2. 花がしおれてしまったときの注意点・・・土の表面が乾いているときには、しっかり水やりをしてください。水が切れているためにしおれています。
    次に、土の表面がしっかり湿って、水やりがしっかりできているのにしおれている場合は、この時は、水やりの回数が多すぎるためにしおれています。水は与えずに、日陰において様子をみてください。
  3. 置き場所に関して・・・大阪などでも4月の早い季節にアジサイを購入される方がいますが、その場合には、必ず寒くない室内の明るい場所で管理されることをお勧めしています。5月ごろの気温の場合には、屋外の日陰での管理もできるようになります。
    鉢植えで購入された時には、極端に寒い場所や、春の明るすぎる光の強い場所などは避けることをお勧めします。
    花が終わり、6月の梅雨のころに新しい土でアジサイを植え替えてあげると来年からは、室内ではなく、常に屋外でアジサイを毎年楽しめるようになります。
  4. プレゼントとしてもらったアジサイには、ラッピングがされていますが、その時には、早めにラッピングは外してください。ラッピングを付けたままですと、風通しも悪く、鉢が蒸れてしまい、アジサイにとっても良くありません。
  5. アジサイの色が変化する。・・・アジサイが桃色になったり、青色になったりするのは、土壌がアルカリ性、酸性によることと、肥料によって変化します。
    土壌が、アルカリ性の場合は、アルミニウムが土と結合し、アジサイに吸収されずに桃色系に変化します。
    土壌が、酸性の場合、用土内のアルミニウムが遊離しアジサイに吸収され、萼片の色素アントシアニンと結合して青色になります。

    肥料について・・・桃色になる場合は、石灰、窒素、リン酸が多めの肥料を与える。
    青色になる場合は、カリが多めの肥料を与えます。

  6. アジサイの剪定について・・・アジサイの剪定は8月いっぱいごろまでに行いましょう。そのころになると、目には見えませんが来年の花の準備をはじめています。わかりやすいのは、花が終わったら、早めに花の下から切っておくことです。鉢植えを今年購入したものなら、背丈もそれほど大きくないので、花の下から切る程度でいいと思います。

アジサイには、青やピンク、白、緑色、赤などいろいろな色花がありますし、鉢植えでも植え替えをしてあげれば、毎年見事な花を咲かせてくれます。
地植えの場合などは、大きな花を何十輪も見事に咲かせてくれるほど、大変丈夫な花です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です